• ホーム
  • アフターピルで生理を遅らせた場合の副作用

アフターピルで生理を遅らせた場合の副作用

2019年11月26日

アフターピルというのは基本的には緊急避妊薬としての使用がオーソドックスな使用法であります。
例えばコンドームを装着してセックスをしていたつもりであっても実はコンドームに穴が開いていた等の理由で、緊急的に避妊をする必要がある場合に服用するものです。
しかしアフターピルは緊急避妊だけでなく、生理を遅らせる為に使っている人もいます。
そしてそもそも緊急避妊薬としてのアフターピルの中に含まれている成分と、生理を遅らせる為のピルの中に含まれている成分は基本的には同じものなのです。
だからこそアフターピルを生理を遅らせる為に使おうとする人も存在しているのです。

ところでアフターピルを使って生理遅らせたら副作用が現れることが多いのでしょうか。
基本的には初めてアフターピルを使う人が生理遅らせたら副作用が現れることが多いです。
主に吐き気や頭痛等いった比較的軽めの副作用が現れることが多いです。
このような人が例えば温泉旅行等に行く前にピルを飲んで生理遅らせたら、副作用によって身体に不快な症状が現れてしまい、結局旅行に行くのを断念せざるを得なかったという話もよく聞かれます。
特にアフターピルというのは初めて飲む人や飲みなれていない人が飲むと副作用が現れやすいものです。
なので旅行の為に生理を遅らせる必要がある人の場合、よくよく注意をして飲むようにしなければいけません。

そして場合によっては服用を中止して様子を見る必要も出てくるでしょう。
その場合は当然服用を中止するわけですから、生理が再開する可能性もあります。
しかしそもそも副作用で気分が悪くなって旅行に行けなくなるところだったのですから、生理が来たとしても旅行に行けるだけまだマシな方だと思って気持ちを切り替えるしかないのです。